せどりとは、中古品や特価品などを安く仕入れて、転売することを言います。例えば、ある中古品店で、安く販売されていた古本が、インターネットのサイトで高く販売できることもあります。

一般的に、古書であっても、思わぬような高い値段で取引されることもあります。
例えば、その本が、初版であったり、絶版となってしまうなど、希少価値がつくことがあるためです。

ただし、こうした希少価値のある本を探し出すことは、なかなか簡単ではありません。このため、せどりや転売をビジネスにしている人たちは、希少価値のある本を検索しやすいように、特別なツールを使ったりしています。

また、こうした希少価値のある本をみつけたとしても、当然ながら、それを販売する手段が必要となります。一般的には、インターネットの中古本サイトで転売することになりますが、そうしたサイトに、買い手のアクセスを集めるのは、容易ではありません。

そのため、多くのせどりビジネスに取り組んでいる人たちは、アマゾンなどのサービスを使っています。アマゾンで、商品を出品、販売するためには、出品用のアカウントを作る必要があります。

こうしたアマゾンなどのサービスでは、商品が販売される度に、手数料がとられるのが、一般的です。つまり、手数料や送料を差し引いて残りが、出品者の利益となります。一方、アマゾンなどのサイトを使っていれば、集客の問題は解決するものの、出品者同士で、値引き競争が起きる恐れがあります。

どうしても、商品一覧一覧で表示されるために、消費者は、より安い商品を購入しようとします。そのため、出品者は、発送までの期間を短くしたり、コンディションの少しでもいい商品を出品しようと、努力します。

出品者にとっては、せどりで成果を出すことは簡単ではありませんが、アマゾンでは、こうした商品の注文や出荷を代行するサービスも行っています。

例えば、中古品をアマゾンで購入した場合に、注文からすぐに出荷される商品と、2、3日後に出荷される商品に分かています。
これは、アマゾンの倉庫に商品の在庫がある場合はすぐ発送される仕組みになっているためです。消費者としては、発送までに時間がかかる商品よりも、即出荷される商品のほうが、好ましいと感じるものです。

そのため、せどりなどのビジネスで成果を出すためには、アマゾンの出荷代行サービスを利用することも、一つの手段と言えるのではないでしょうか。